book_hitotubu

著者:渡辺政隆
出版社:岩波書店 ¥1800+税

 

 

科学はどのようにして伝えたらよいのか。サイエンスコミュニケーションという文脈から古今東西の具体例を通して考察する。古くは博物館の起源やダーウィンに遡り、寺田寅彦、中谷宇吉郎、グールド、セーガンなどの例を紹介。シャンパンの泡の秘密などグラス片手に語りたくなる薀蓄満載の話あり、現代の教育制度や疑似科学への問題提起も。

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone