DSC08474+

 

2015年8月30日,東京・茗荷谷の筑波大学にて,サイエンスライティング研究会を開催しました。(→告知記事

小説,ノンフィクションなど,エンターテイメントとしてのサイエンスライティングの第一線で活躍中の瀬名秀明さんと植木不等式さんをお招きして,作品を書く際の心がけや工夫についてお話しいただきました。

 

DSC08635+

瀬名秀明 氏(小説家)

瀬名さんは,これまでの仕事(小説,ノンフィクション,書評など)について紹介したあと,フィクション作家の立場からという企画者の依頼に沿った話しをしてくれました。
例に挙げたのは,連載進行中の『生まれかけの贈りもの』です。再生医療を題材としたこの作品は,取材の過程でいろいろと思うところがあり,主役になりそうな人(たとえば幹細胞の研究者)の周囲で頑張る,あまり主役にならない人たち(薬剤師,理学療法士,などなど)を描きたいと思ったそうです。

後半には,SFの中で未来を描く手段についての話がありました。よくある方法の1つは,現時点のサイエンスから考えて,ありそうな未来を描くことです。そしてもう1つは,絶対にありえない物理法則を使うなど,ナンセンスを狙うこと。それに加えて瀬名さんは,もう1つ,これらとは違うやり方を指摘しました。それは,現在のサイエンスを踏まえて,科学者が考えたこともないような未来を描くことです。この方法は,ほかの2つの方法と違って科学者から批判される可能性があります。しかし瀬名さんは,こういうやり方をする人がいてもいいのではないかと思って書いているとのことでした。

 

DSC08559+

植木不等式 氏(サイエンスライター)

植木さんの話は,まずペンネームの由来から始まりました(最近の大学生には説明しても通じにくいそうです)。
ノンフィクションライターとしての経緯とバックグラウンドについて紹介した後,ライティングの技法について,6つのポイントにまとめて解説してくれました。6つのポイントとは,比喩,擬人化,スケール置換,つかみ(タイトルのつけ方),“逃げ”(簡潔に言い切って不正確な表現にならないよう文章が長く煩雑になることを避けるなど),ストーリーラインの仕立て方,です。これらはサイエンスに限らず,ライティング全般において重要なことです。

それから,文章の機能についての話がありました。「説明」することの効果の1つは「理解」ですが,もう1つ「説得」があります。特に,一般向けの書籍や不特定多数の人を想定した語りは,受け手の側に「納得」という現象が起こってくれるよう,「説得」できたほうがよい場合が多々あります。ライティングは後者に重きを置いて書いているのでは,とのことでした。確かに,納得させないとお金は取れません。

 

DSC08588+

渡辺政隆(筑波大学教授/サイエンスライター)

 

質問タイムではいくつか質問も出ましたが,瀬名さんからも植木さんからも、具体的な技法を意識する前にまず、「読んで読んで読みまくれ,書いて書いて書きまくれ」というアドバイスがありました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone